Ryui

note

facebook

Instagram

Ryui online store

Ryui bridal

HOME > COLLECTION

COLLECTION

- Coat -
研ぎ澄ますと自己の境界
ウチとソト
曖昧な幅
優しく覆われ
静かに繋がる

- Whisper -
そっとあつまり  そっとささやく
落葉の裏  朽木の陰  団栗ぽとり
姿なき集い  声なき会話
森のいとなみ

<めぐり めぐる>

はじまる おわる
めぐり めぐる

往昔(むかし)の誰か 今の私
なにが違ってなにが同じ?

過去からの螺旋(らせん) 束になり
大きな螺旋(らせん)に縒(よじ)れつづく

はじまり おわり
めぐり めぐる
ずっと ずっと

- Meguru -
おわりがはじまり  はじまりがおわり  たえまなく

- Me&Me -
わたしはわたし  たねになっても  ずっとわたし

- Flower -
霞に包まれた半透明な朝の空気が涼しく心地よい
ふと足元に目をやると
いま開いたばかりの一輪の花が美しく咲いていた

- Traces ring -
跡を残していくように
静かに刻みこまれてゆく
規則的なようで不規則
集積はやがてひとつの面となる

<標本箱>

ふと差し伸べた手は
友人には親愛の手
飼い犬には撫でて欲しい手
ライオンにはご馳走の手であるかもしれない

見える 聞こえる 触れる
そんな感覚や考えはすべて事実であり
事実でなかったりする
誰もが全く知りえない程の多様な違いが
この世のすべてをつくり 誰もがその一部
標本箱にはそんな楽しさが
無限に詰まっている

その違いを知ることは、暗闇に手をかざし
自分の位置を確かめるような感覚に近いと思う

- Scale - ( design motif : 鉱石 )
ツルツルをじっとのぞき込むとツブツブしていた。
ツブツブをじっとのぞき込むとギザギザしていた。
そして最初のツルツルは実は大きなギザギザの
ほんの一部だった。

- I know - ( design motif : 粘菌 )
隣のあなたは 私と繋がり
そうして私はあなたになって
だんだん だんだん 大きくなって
知らない私になっていく事を
私はすべて知っている。

- Plan - (design motif : 珪藻)
どうしてそんな形になったのか。
他の誰にも聞こえない 長い時間重ねられてきた会話。
きっとそこには私たちには思いもよらない
知恵や工夫が詰まっているのだろう。

- Slight scent -
風に舞う かすかな香り
忘れていたほんの些細な記憶を 呼び覚ます
それは目に見えない粒として確かに存在し
ふわりと身のまわりで漂いながら 包み込んでくれる

- Littles -
美しい草花 遠くまで澄みきった湖
深く暗い土の中
そして生まれたての純真無垢な赤ん坊
微かな存在が群れとなり
常にせわしなく動く小さきもの達の世界
あらゆるところにいるけれど 私たちには見えない
絶え間なくいる 小さきもの達

- Cell -
どんどん分かれて分かれて生まれては
どんどん消えて消えていなくなる
生き物を作る膨大な仕切られた小部屋は 増えもせず減りもせず
そんな絶妙で絶え間ない流れが  生きているということ

- Akiraka -
私がこの世に存在すらしない遥か昔から
実にゆっくりと 実にひっそりと
誰に見せるわけもなく これと決めた形にひしめき
美しく結びついてゆく
そして今もどこかで

- Kumagusu -
― 宇宙万有は無尽なり ただし人すでに心あり
心ある以上は心の能うだけの楽しみを宇宙より取る
宇宙の幾分を化しておのれの心の楽しみとす
これを智と称することかと思う ― 南方熊楠

- Snug -
いつもの風景に当たり前のように静かに佇む布たち
形に沿ってしなやかに美しく 軽やかにやさしく
ぼんやりと眺めている内に
気持ちがゆっくりとほどけてゆく

- Tubu tubu -
それはひっそりと  楽しそうに  ささやき合うように
それはよく見ないと見過ごしてしまうし
そのとても小さな音はいくら耳を澄ましても私には聞こえない

- Vague things -
この気持ちはなんだろう
言葉で表そうとすると遠ざかる
頭や胸やお腹の感覚が形や色、熱を伴って
この曖昧な感情をはっきりと表している